看護師の面接での身だしなみ

人は中身が大切だという声も多いの中、無意識のうちに見た目で人を判断してしまうケースは決して少なくない。
面接時の場面も例外ではなく、身だしなみが清潔な人とだらしない人の2人が採用面接に訪れた場合、面接官は清潔な人を採用したくなるものだ。
身だしなみは、その人のイメージを決定付ける重要なポイントだと言える。
看護師は清潔感が重要だからこそ、相手に好印象を持ってもらえるように、事前に対策を練って十分に気を付ける必要がある。

面接時における身だしなみのポイントは、健康で清潔な印象を大切にする事と、幅広い年代に受け入れられやすい色合いを選ぶ事だ。
まず男性の場合、基本は白のワイシャツで色柄物は避けるべきだろう。
袖口はスーツの袖よりも、1センチ程出るぐらいのものが良い。
あまりにもワイシャツの袖が出すぎていると違和感があるので、1センチ前後に留めておこう。
またスーツの色合いは、紺やグレー、黒が良いとされている。
明るすぎる色合いのスーツは万人受けしない可能性が高いので、避けておいた方が無難だ。
髪型については、清潔感を重要視したセットがポイントとなる。
必要以上に髪の一部をはねさせたり、ワックスで固めすぎていると不快感を与えかねないので、あくまで自然に、且つ、しっかりと、セットは少し抑え気味にしておいた方が良いだろう。

一方、女性の場合はパンツとスカートのどちらが良いか、選択に迷う人が少なくない。
一般的に、スカートは清潔感や女性らしさをアピールできるため、受付や医療事務職の面接に適している。
またパンツスタイルはアクティブな印象があるので、俊敏に動ける看護師と印象付ける事ができるだろう。
上記のように看護師の採用面接時での服装や身だしなみのチェックポイントを知ることで採用もグッと近づくだろう。