守るべき面接ポイント

面接を成功させるためには様々なポイントがあるが、企業研究などの事前準備は既に行っていることを前提として、ここでは、面接当日に守るべき簡単なポイントを3つ紹介する。

まず一つ目は、面接の予定時間に遅れないことだ。
事前に、目的地までの交通手段や所要時間をよく調べておこう。
会場に早く着きすぎても迷惑になることもあるため、会場近くのカフェなど、落ち着いて面接を待つことのできる場所も調べておき、早めに到着してカフェで心を静めて回答集を見るなど準備をするといいだろう。
事前にトイレで身支度を整えることもできるので便利だ。
次に、面接会場での振る舞いが二つ目のポイントだ。
面接を会社で行う場合は、会社のある建物の中はもちろん、その周辺でも、社員の目があると考えよう。
面接の間だけ取り繕って、面接の前後の思わぬところで失敗をしないように、気を引き締めて行動する必要がある。

最後に、面接中には、聞かれたことにだけ忠実に答えよう。
面接官は、「これを聞きたい」と思う質問を用意している。
限られた時間の中で、面接官が知りたいと思う質問に手短に答えたほうが、相手が知りたいと思う情報を多く提供できるし、より多くの質問に答えて自分のことをアピールできる。
何よりも、面接官が知りたいと思ったことに的確に答えることができない人は、仕事もできないと思われかねない。
「自分がたくさん喋って楽しかったと思えるデートは失敗だったと思え」とは、恋愛アドバイスでよく聞く話だが、それは面接でも同じことだ。
面接官のことを尊重して、相手のことを思って答えればいいのだ。
このポイントにさえ気をつけることで、面接はうまくいくと考えてよい。